第42回 エリザベス女王杯(GⅠ) 開催日 平成29年11月12日(日) 競馬場 京都競馬場 条件 3歳以上 オープン 定量 芝2200m

第42回 エリザベス女王杯(GⅠ) 開催日 平成29年11月12日(日) 競馬場 京都競馬場 条件 3歳以上 オープン 定量 芝2200m



お知らせです

競馬仲間【厳選軸馬】さんの
【特別厳選馬】が いい感じですね^^

現在 無料公開中ですが
【特別厳選馬】は
180/194(144-29-7-14)複勝率93%

2018年10月18日現在の数字です

単複勝負から
3連単の勝負まで
真剣勝負の【軸馬】予想!

軸がブレない【厳選軸馬】
公式LINE は こちらです^^
↓ ↓ ↓
http://bit.ly/2DeG3xn

リンクをクリック後
お友達追加して頂ければ
無料でご覧いただけます^^
-----------------------






以上、お知らせでした
それでは、データ分析をどうぞ
↓ ↓ ↓

「エリザベス女王杯(GⅡ)2017 過去10年間の

データ分析から浮かぶ有力馬」

第42回 エリザベス女王杯(GⅠ)

開催日 平成29年11月12日(日)

競馬場 京都競馬場   条件 3歳以上 オープン 定量 芝2200m

秋の牝馬日本一を決めるエリザベス女王杯であるが、3歳勢と古馬牝馬の激突に興味がそそがれる。今年の登録馬では3歳馬は3頭と少ないが、少数精鋭といえる走りを見せてほしいものだ。

◎登録馬一覧(登録馬名と前走成績)

登録場 性齢 斤量 前走成績 間隔
場所 コース 着順 人気 クラス
1 ウキヨノカゼ 7 56 中山 1600 14 5 G3 9
2 エテルナミノル 4 56 京都 1800 1 3 1600万下 2
3 クイーンズリング 5 56 東京 1800 4 3 G2 4
4 クインズミラーグロ 5 56 東京 1800 12 6 G2 4
5 クロコスミア 4 56 東京 1800 1 5 G2 4
6 ジュールポレール 4 56 中山 1600 1 1 1600万下 6
7 スマートレイアー 7 56 京都 2400 1 4 G2 5
8 タッチングスピーチ 5 56 札幌 2600 7 6 オープン 10
9 ディアドラ 3 54 京都 2000 1 3 G1 4
10 デンコウアンジュ 4 56 東京 1800 8 8 G2 4
11 トーセンビクトリー 5 56 東京 1800 5 7 G2 4
12 ハッピーユニバンス 5 56 東京 1800 7 13 G2 4
13 プリメラアスール 5 56 京都 2000 1 5 1600万下 5
14 プロレタリアト 6 56 京都 2400 11 13 G2 5
15 マキシマムドパリ 5 56 京都 2400 9 7 G2 5
16 ミッキークイーン 5 56 阪神 2200 3 4 G1 20
17 モズカッチャン 3 54 京都 2000 3 5 G1 4
18 リスグラシュー 3 54 京都 2000 2 4 G1 4
19 ルージュバック 5 56 中山 2200 1 5 G2 7
20 ヴィブロス 4 56 東京 1800 2 1 G2 4

◎ 過去10年間のデータ分析

1. 年齢別成績を見ると6歳以下の馬が優勢で、データ数は少ないものの7~8歳馬は過去10年で3着以内になった馬は1頭もいない。今年の7歳以上の馬は、ウキヨノカゼ、スマートレイアーが該当する。

(参考)年齢別成績

年齢 着別度数 勝率 連対率 勝率
3歳   4-  4-  3- 36/ 47 8.5% 17.0% 23.4%
4歳   4-  3-  6- 42/ 55 7.3% 12.7% 23.6%
5歳   2-  2-  0- 43/ 47 4.3% 8.5% 8.5%
6歳   0-  1-  1- 12/ 14 0.0% 7.1% 14.3%
7歳   0-  0-  0-  5/  5 0.0% 0.0% 0.0%
8歳   0-  0-  0-  1/  1 0.0% 0.0% 0.0%

2. 前走が海外のレースだった馬を除くと、重賞から臨んだ馬が好成績をおさめている。オープンや準オープンクラスからの挑戦組は不調のようで、GⅠやGⅡからの臨戦組が主流となっている。

(参考)前走クラス別成績

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 勝率
 500万下   0-  0-  0-  1/  1 0.00% 0.00% 0.00%
1000万下   0-  1-  1-  6/  8 0.00% 12.50% 25.00%
1600万下   0-  0-  0- 18/ 18 0.00% 0.00% 0.00%
OPEN特別   0-  0-  0-  6/  6 0.00% 0.00% 0.00%
  GⅢ   0-  2-  1- 31/ 34 0.00% 5.90% 8.80%
  GⅡ   5-  4-  4- 43/ 56 8.90% 16.10% 23.20%
  GⅠ   3-  3-  4- 28/ 38 7.90% 15.80% 26.30%
 海外   2-  0-  0-  6/  8 25.0% 25.0% 25.0%

3. 前走のコース別成績から、秋華賞組・オールカマー組・京都大賞典組が好成績をあげていることが分かる。下の表の中で、新潟芝2200mとあるのも、中山の代替開催で行われたオールカマーであった。

(参考)前走コース別成績

前走コース 着別度数 勝率 連対率 勝率
京都・芝2000  3- 3- 3-30/39 7.7% 15.4% 23.1%
東京・芝1800  2- 2- 4-60/68 2.9% 5.9% 11.8%
京都・芝2400外  1- 2- 1- 9/13 7.7% 23.1% 30.8%
中山・芝2200  1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7%
新潟・芝2200  1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
英国・芝2920  1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
英国・芝2000  1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%

◎まとめ

過去10年のデータから一番手に推奨したいのは、ルージュバック。前走が混合のGⅡ戦を勝った勢いも評価したい。続くのは、ヴィブロス、ディアドラあたりだろうか。前走京都大賞典を制したスマートレイアーは7歳という年齢面がマイナス材料に見える。また、GⅠ2勝馬のミッキークイーンだが、休み明けの馬は過去のデータでは不調なので、あまり推薦できない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする