金鯱賞2020【有力馬の考察】まとめ(馬Tube競馬)

金鯱賞2020【有力馬の考察】まとめ(馬Tube競馬)

金鯱賞2020【有力馬の考察】まとめです!

【最終予想】はこちらです!

ーーーーー
★金鯱賞
★フィリーズレビュー
★中山牝馬S
★ファルコンS
ーーーーー

予想・買い目は
LINEで公開します!

お友達登録をして
ぜひご覧ください (^^♪
↓ ↓ ↓
http://bit.ly/30eKZPs

今後も無料公開で頑張っていきたいと思います。
1日1回 応援クリックを頂けると 日々の更新の励みになります。
ぜひ よろしくお願い致します。

今すぐクリック♪
↓ ↓ ↓

競馬ランキング

=====================
金鯱賞2020
★有力馬の考察(プラス要素・不安要素)

サートゥルナーリア(牡4歳 父ロードカナロア (西)角居 勝彦)

・芝通算成績 【5-1-0-2/8】勝率75.0%
・芝2000m成績【2-0-0-1/3】勝率66.7%
・中京芝成績 【初】

【プラス要素】
通算5勝だが既にG1を2勝 2着1回、G2を1勝しており
実績的にトップの存在。
この馬自身 スローの上がり勝負が得意で
前走の有馬記念ではアエロリットが飛ばすハイペースの展開を

上がり3位の脚を使って2着に健闘しており
ハイペースでも脚を使えるところを見せた。
今回 G1の前哨戦だが戦ってきた相手からも
ここでしっかり勝利する。

【不安要素】
左回りの着外2回はG1で4着・6着なので悲観する内容ではないが
唯一 左回りで結果を残せていない点が若干の不安点。

ロードマイウェイ(牡4歳 父ジャスタウェイ (西)杉山 晴紀)

・芝通算成績 【6-1-0-3/10】勝率70.0%
・芝2000m成績【1-0-0-1/2】勝率50.0%
・中京芝成績 【初】

【プラス要素】
昨年の6月から目下5連勝中で今回のメンバー中勢いは一番である。
通算10戦中7戦で上がり3F 3位以内の脚を使っており
先行したときは簡単に止まらない。
前走のチャレンジCでは後方から上がり最速の33.8の豪脚で快勝。
2着馬・3着馬は先行して粘っており、展開不向きで勝利したことは
非常に価値の高い一戦であった。

【不安要素】
今回、G1を制している馬が数頭おり相手が一気に強化される点がどうか。
また、今回は「●●●●●」で前走同様のパフォーマンスを出せるか不安。

ロードマイウェイの不安要素は
こちらです
●●●●●
競馬ランキング

●●●●●は ランキングの
サイト説明欄に記載してあります

ラストドラフト(牡4歳 父ノヴェリスト (東)戸田 博文)

・芝通算成績 【2-1-1-3/7】勝率57.1%
・芝2000m成績【1-1-0-3/5】勝率40.0%
・中京芝成績 【0-1-0-0/1】勝率100%

【プラス要素】
通算2勝馬だがG3で1勝しており 上がりも7戦中5戦で3位以内を使っている。
昨年春から秋にかけてはなかなか結果を出せないでいたが
2走前の中日新聞杯で2着、前走のAJCCでは3着と完全に復調した感がある。
特に前走はG1馬ブラストワンピースに差のない内容のあるレースをしており
今の勢いと得意コースで今回も上位候補。

【不安要素】
スローの上がり勝負が得意で、ハイペースになった時が若干不安が残る。

ソウルスターリング(牝6歳 父Frankel (東)藤沢 和雄)

・芝通算成績 【5-0-3-7/15】勝率53.3%
・芝2000m成績【0-0-0-1/1】勝率0%
・中京芝成績 【初】

【プラス要素】
前走の中山記念はG1馬が複数頭いる超ハイレベルのレースで3着に粘ったことは
高評価に値する。オークスを勝った後から勝利がなく2度の取り消しなどもあり
順調ではない中、前走は約1年半ぶりの馬券圏内で非常に価値の高い3着であった。
前走一叩きされたことで確実に今回のほうが良く、ラストランで快走する!

【不安要素】
中京初となるが東京のG1で勝利があり、左回りはこなせるも

現状1800m以下がベストの印象。

=====================

【最終予想】はこちらです!

ーーーーー
★金鯱賞
★フィリーズレビュー
★中山牝馬S
★ファルコンS
ーーーーー

予想・買い目は
LINEで公開します!

お友達登録をして
ぜひご覧ください (^^♪
↓ ↓ ↓

友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする